野良猫のフンに困っているならガーデンバリア!

【フルスクラッチ スーパーサイヤ人4孫悟空レビュー】ドラゴンボールGT プライズフィギュア

プライズ

体毛は濃いけど、スーパーサイヤ人4ではないヒガダイです。

今回ご紹介するのは「ドラゴンボールGT Full Scratch THE SUPER SAIYAN4 SON GOKU(フルスクラッチ スーパーサイヤ人4 孫悟空)」です!

ドラゴンボールGTに出てくるスーパーサイヤ人の第4形態のフィギュア。

私はドラゴンボーツGT本編を見ていないので、スーパーサイヤ人4には詳しくないですが、このフィギュアのできは素晴らしい!

鮮やかなな色使いといい、細かな造形といい、とにかく存在感があります。

ということで、早速レビュー。

スポンサーリンク

フルスクラッチ孫悟空 パッケージ

まずは箱から(クレーンゲームの輪っか「ペラ輪」ついたままですが)。

いつもと違う雰囲気、いいですねこの色使い!フレッシュでスポーティーな感じが好きです。

箱全体の黄色(レモンイエロー)が目立ちます。

悟空の体毛の赤毛がこの黄色に映えている!「赤毛映あかげばえ」バッチリ!

側面の悟空のアップ顔も決まっています。

箱の裏にこのフィギュアの原型師「エリック ソーサー」さんの紹介が載っています。外国の方が作ったんですね。

スポンサーリンク

フルスクラッチ孫悟空 本体

パーツ構成はこんな感じ。

上半身、下半身、尻尾、台座(支え)。

組み立てると、こんな感じ。

ヒガダイ
ヒガダイ

これは強そう!

立ち姿がめちゃくちゃ様になってます!

この存在感はいつもの悟空フィギュアとは違うオーラがあるなぁ。

私がスーパーサイヤ人4を見慣れていないせいもありますが、体毛だったり、髪型だったり、尻尾だったりと、全体的に存在を主張してるんですよね。

全体をぐるりと一周見てみましょう。

ついでに上からも。

続いて、お顔のアップ。

冗談が全く通じなそうな、鋭い目つき。。。!!

文句無しで強そう。なんと言うか、戦闘民族サイヤ人の本性がにじみでいる凄みがあります。

特徴的なのは、この毛皮のシャツのような「赤毛の体毛」ですね。

この原型師さんは怪物(クリーチャー)が得意ということで、この体毛の表現が狼男やキングコングを連想させるような野性的な仕上がりになってます。

本当に野性的で、ノミやダニがいてもおかしくないくらいリアルな感じw

細かいところをさらに。

頭部、複雑なツンツンヘアスタイルもしっかりと表現されています。

道着のシワ、レッグウォーマーみたいなやつとか、靴もしっかりできてます。

塗装も本当にきれいです。

体毛が赤毛なので、全体的に本当に存在感抜群で鮮やか!

このフィギュア一体棚の上に飾っておくだけでも存在感充分。

背中はおなじみの「範馬勇次郎」仕様です。

おまけで、マキシマティック悟空の背中と比較w

スポンサーリンク

マキシマティック悟空と比較

同じく最近出た「マキシマティック悟空2」と比較してみます。

向かって左側のマキシマティック悟空は膝を大きく曲げて、中腰ポーズなので、並べると同じくらいの大きさですが、スケール感が全然違います。

やっぱりマキシマティックは大きいです。

写真だとわかりにくいですが、実物を並べると大きさ全然違います。

フルスクラッチの造形が細かいせいか、マキシマティックの造りが大雑把にも見えてしまうのは、ちょっと残念なところ。

スポンサーリンク

フルスクラッチ悟空スーパーサイヤ人4レビュー まとめ

フィギュアとしての完成度はなかなか高いと感じます。

ヒガダイ
ヒガダイ

物としての存在感があるので、所有する満足感も高いです。

ただ、好き嫌いが分かれるところとしては特徴的な「赤毛の体毛」。

体毛の造形が怪物的で独特なので、アニメのようなあっさりとした二次元的な表現が好きな人には受け入れられないかもしれません。

この体毛に嫌悪感がなければ、戦闘民族サイヤ人の本性を感じられる、クオリティの高いおもしろいフィギュアです。

タイトルとURLをコピーしました